primed
書籍詳細

本の購入
【がんばれ! 女性医師・医学生】
−仕事とパーソナル・ライフの充実をめざして−
編 著 日本家庭医療学会
キーワード
ISBN 4-938866-24-2 ・女性医師
・臨床研修
・医学教育
・女性問題
・労働環境
 判型  A5 
頁数 157ページ
定価
1,890円(税込)
本書の概要

◎仕事も家庭も大切にしたい…先輩女性医師の等身大メッセージ

 女性医師が増えています。といっても,医療そのものは,男性医師であろうと女性医師であろうと何ら変わるところはありません。しかし,現実には,医療の現場は,いまだ女性医師が満足して働ける環境は整っていません。放射線曝露の危険性,いわゆるセクハラ問題など女性がゆえに巻き込まれる問題も少なくありません。また,女性医師は,結婚して,出産と育児という時期をむかえると,医学・医療の現場からどうしても遠ざかってしまいがちです。その間取り残されることに不安でもあり,また休職することで職場に申し訳ないという後ろめたさを感じる医師も多いのです。また復職しても今度は育児/家事と仕事の両立という現実問題に立たされることにもなります。
 本書は,そのような場合,どうしたらよいかを,先輩女性医師が試行錯誤のうえ見つけ出した工夫や知恵を紹介しています。決して超人的な努力でクリアしてきたのではなく,誰でもがなしうるちょっとした工夫と少しの努力についての等身大のアドバイスです。


内容

総論
《現状》
女性医師の最近の動向
医学生の声-将来の仕事と家庭生活に関するアンケート調査から

【女性医師・医学生へのアドバイス】
《進路選択》
進路の選択を考えるときのポイント
院外実習,エクスターン,研修病院を受験するとき
学位や専門医・認定医の取得について
仕事先の見つけ方
医師の仕事とパーソナル・ライフを両立させるために
休職後の復帰のときに考えること
海外留学を実現するには
FAQ「休職中に医学知識やスキルを維持するためにはどうしたらよいですか?」
《診療》
診療時に適した身だしなみ
当直のときや重症の入院患者がいるとき
男性患者を診るときに留意すること
セクハラと感じたとき
《職場》
新しい赴任先で事前に確認しておくこと
コ・メディカルの人たちへの接し方
学会などへ出張するとき
異動・転勤するとき
職場にプライベートな相談をするときのルール
夫婦が同じ職場で働く場合のエチケットとルール
妊娠・育児休暇中,職場に理解してもらうために
《健康管理》
自分が病気になったとき
月経痛がひどいとき−産婦人科の立場から
放射線を防護するために
睡眠不足が続くとき
《結婚》
結婚とそのタイミングの見つけ方
結婚前に配偶者となる人と話し合っておくべきこと
研修医同士で結婚するとき
結婚するときの諸手続き
よき伴侶に出会うために
FAQ「医師でない人と結婚することはむずかしいですか?」
《家庭》
家事の負担を減らすコツ@帰宅後の段取り
家事の負担を減らすコツA外部の人に依頼する
家事の負担を減らすコツB便利アイテム
家庭内での家事の分担法
子供の行事や地域の活動に参加するとき
親の介護が必要なとき
パートナーが転勤するとき
《妊娠》
妊娠時に業務で注意すべきこと−産婦人科の立場から
妊娠中の健康管理−産婦人科の立場から
FAQ「妊娠するとしたらいつころがよいでしょうか?」
《育児》
子供との触れ合う時間をふやすために
子供の預け先のみつけ方
保育園の選び方
子供が病気のとき
《こんなときどうする》
家庭と仕事がうまく両立できずに落ち込んだとき
患者さんに医師と思われなかったとき
診療が長引いて保育園のお迎えの時間に間に合わないとき
手術日に子供が熱を出したら
《これからの女性医師》
女性医師が働きやすい職場環境とは
女性医師が働きやすい職場の環境−熊本大眼科の場合(近藤晶子)
《女性医師のライフスタイル》
医師夫婦の1週間
《男性医師からのメッセージ》
女性医師養成は税金の無駄遣い?
性別を強調する前に「人間らしさ」の議論を
女性のもつパワーにはかなわない
夫が育児にかかわるとき
《付録》
短期間で調理できるとっておきのレシピ

【コラム】
履歴書(CV;curriculum Vitae)の書き方
6年ぶりの臨床経験
医師の仕事をしてよかったと思うとき
勝負服TPO
夫に留守を頼んで出張へ
女性医師の名刺
夫婦二人医師体制の診療所の場合
癌になった私の経験
私のストレス解消法
安眠のアロマテラピー
結婚後も医師免許証の名前は変えなくてもよい
私の出会い
医師の夫と結婚した私の場合
はじめて子供を保育園に預けた日
いろいろな人に育てられた私の子供
子供3人の保育費用
子供の主治医のひとことに救われた
医師の母に育てられて-母から子へのインタビュー
医師の母に育てられて-子供から母へ
男性医師の無意識の対応
病院の隣の保育園は便利
あるシングル女性医師の毎日

あとがき
私たちの自分史

Top



mail
株式会社プリメド社
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4−4−63
TEL 06-6393-7727 FAX 06-6393-7786
E-mailはこちらまで