プリメド社

書籍詳細

プライマリ・ケア 何を学ぶべきか-米国家庭医療学会ガイドラインから

表紙

プライマリ・ケア 何を学ぶべきか-米国家庭医療学会ガイドラインから

亀谷学 山下大輔 監訳

定価:本体2,400円+税

ISBN 978-4-938866-28-0

B5判 151ページ

キーワード
家庭医
プライマリ・ケア
臨床研修
研修カリキュラム
医学教育

本書の概要

プライマリ・ケアで学ぶべき範囲と具体的項目を示したガイドライン

プライマリ・ケアは、各専門診療科の知識と技能の寄せ集めではなく、独自の視点をもった臨床能力が必要である。本書は米国のガイドラインを翻訳、プライマリ・ケアに必要な心構えと学ぶべき臨床能力を具体的かつその範囲を明確に示した。

内容

■ライフサイクルにおけるプライマリ・ケア

1. 幼小児の健康

2. 思春期の健康

3. 妊産婦と婦人科の医療

4. 女性の健康

5. 男性の健康

6. 高齢者のケア

7. 終末期のケア

■臓器別にみた患者のケア

8. アレルギーと免疫疾患のケア

9. 心血管系疾患のケア

10. 神経系の状態について

11. リウマチ性疾患について

12. 筋骨格系の状態について

13. 眼の状態について

14. 皮膚の状態について

15. 外科患者へのケア

16. HIV感染症/AIDSのケア

17. 医療遺伝学

■健康管理と予防

18. ヘルスプロモーションと疾病予防

19. 人間行動とメンタルヘルス

20. スポーツ医学とレクリエーションの医療

21. 産業医学

22. 栄養について

23. 患者教育

24. 薬物乱用への対策

25. 医療倫理

■救急・災害医療

26. 救急医療

27. 重症患者のケア

28. 災害医療

■診療所のマネジメント

29. 診療所の業務管理

30. リスク・マネジメントと医療者の専門家責任

31. 業務改善活動とEBM

32. 診療所での検査

33. 医療情報とコンピュータ

■プライマリ・ケアにおける研究

34. 研究と学術活動