プリメド社

書籍詳細

プライマリ・ケア救急-即座の判断が必要なとき

表紙

プライマリ・ケア救急-即座の判断が必要なとき

日本家庭医療学会 編

定価:本体4,200円+税

ISBN 978-4-938866-32-7

A5判 379ページ

キーワード
家庭医
プライマリ・ケア
救急対応
トリアージ
病診連携

本書の概要

プライマリ・ケアでの救急処置と救急病院への搬送基準がよくわかる

プライマリ・ケアで救急を要する患者の病初期の状態の少ない情報から緊急度を把握するための的確なトリアージを随所に記載。一人で診療を行う診療所医師だけでなく、研修医、救急病院医師、救急の現場の人にも活用してほしい1冊。

内容

◎患者の主訴から緊急を要するケースの見極め方

1 激しい頭痛

2 激しい胸痛

3 激しい腹痛

4 突然不安がひどくなった状態

5 呼吸困難

6 とまらない嘔気・嘔吐

◎原因が特定できる状態の緊急対応

7 創傷

8 打撲・捻挫

9 気管支喘息

10 蕁麻疹

11 軽度の熱傷

12 異物誤飲

13 動物咬傷

14 蛇咬傷-マムシ咬傷を中心に

15 ハチ等の刺傷

16 高血圧緊急症・切迫症

17 急性アルコール中毒

18 使用ずみ注射の誤刺

◎重症の救急対応-見極めとファーストエイド

19 アナフィラキシー

20 ショック

21 意識障害

22 クモ膜下出血

23 脳梗塞・脳出血

24 痙攣発作

25 非代償性心不全

26 急性心筋梗塞

27 消化管出血

28 COPDの急性増悪

29 重症肺炎

30 気管支喘息の重積発作

31 糖尿病性ケトアシドーシス

32 高血糖・低血糖

33 電解質異常

34 急性薬物中毒

35 薬疹

36 パニック障害

37 尿閉

38 関節痛・腰痛

39 家庭医が注意すべき妊婦・婦人科救急

40 家庭医が注意すべき眼科救急

41 家庭医が注意すべき耳鼻咽喉科救急

42 家庭医が注意すべき歯科救急

43 家庭医が注意すべき小児の救急

◎非日常的事態の救急

44 SARS
(参考新型(トリ)インフルエンザへの対応)

45 災害時のプライマリ・ケア救急

46 化学/生物テロ時のプライマリ・ケア救急

◎プライマリ・ケア救急の準備とスキル

47 救急医療に備えてあらかじめ用意しておくべき器材

48 スタッフの救急対応のトレーニング

49 緊急検査のポイント

50 気道確保

51 ルート確保

52 除細動

53 局所麻酔薬の使い方

54 プライマリ・ケアにおける外傷対応の基本

55 プライマリ・ケア医に求められる大規模災害への備え-被災の経験から

◎在宅医療で必要な救急

56 救急事態への備えと臨床決断

57 寝たきり患者に気道症状を生じたとき

58 脱水への対応と末梢静脈ルートの確保が困難な場合

59 認知症患者に生じたせん妄や問題行動(BPSD)

60 骨折が疑われる場合

61 尿道カテーテルのトラブル

62 在宅での胃瘻トラブル

63 急変と看取り

◎プライマリ・ケア救急で考慮すべきこと

64 家族への連絡と対応-患者が一人で来院していたら

65 診察を待つ他の患者への対応

66 緊急性・重大性を把握できていない患者への対応

67 救急医療機関への連絡体制と搬送法

68 救急医療機関に搬送する際に留意すべきこと

69 リスクある患者と家族にあらかじめアドバイスしておくこと

70 在宅療養で家族やヘルパーに日常とくに注意してもらうポイント

索引