プリメド社

書籍詳細

病院サービス患者レポート

表紙

病院サービス患者レポート

厚生科学研究「エイズ拠点病院の機能評価に関する研究」研究班 監修
厚生科学研究「エイズ拠点病院の機能評価に関する研究」研究班・模擬患者グループ 著

定価:本体2,500円+税

ISBN 978-4-938866-19-8

A5判 185ページ

キーワード
医療経営
医療機能評価
患者サービス
コミュニケーション
医師-患者関係
厚生科学研究

本書の概要

医療者が思いも寄らなかった患者の率直な声をまとめた報告集

病院がせっかく患者のためにと考えたサービスが実際にはうまく機能していないケースが多々ある。それは、患者の視点が十二分には反映されていないところに原因がある。医療者自身あるいは設計の専門家が「患者のために良い」と“仮想して”準備されたものだからである。病院の設備や機能を真に患者にとってよいものにするためには、患者の視点でいちど病院内をチェックし、それをこれからの病院づくりに反映することが望まれる。かといって患者が直接意見を言いたくとも言えないのが今の医療である。

そこで、病院を訪れる多くの患者に代わって模擬患者が全国の主要病院のいくつかを細かくモニターし、その内容を病院関係者にフィードバックしたのが本書である。厚生科学研究「エイズ拠点病院の機能評価に関する研究」の一環として行われた模擬患者の病院評価の報告をもとにした詳細かつ具体的な報告は、あらゆる病院においてもかなりの参考になる。

内容

【エントランス付近】

玄関で

待合ホールで

総合案内カウンターで

診療受付窓口で

会計窓口で

医療相談室で

薬局で

【外来付近】

外来受付で

外来待合で

外来中待合で

外来診察室で

処置室で

採血室で

採尿室で

検査室で

外来全般をとおして

【病棟】

ナースステーションで

病室で

病棟デイルームで

家族控え室で

病棟全般をとおして

【患者サービス】

外来トイレで

喫煙室で

食堂・喫茶室で

売店で

理容室・美容室で

公衆電話について

【病院のシステム】

掲示物・書類について

案内誘導について

患者とのコミュニケーションについて

患者への応対について

ボランティアについて

病院紹介・広報について

病院全体をとおして

模擬患者を体験して -座談会から

索引